土壌分析前処理装置

自動化技術
秤量作業と注液作業を自動化。
タイマー機能で始業時には準備が完了。
導入機器
  • 半自動型土壌分析前処理装置+4段積機構
  • オリジナル振とう機(市販振とう機一部改造)

導入目的

ユーザー様は、年間3,000検体以上の土壌分析を行う、肥料会社のラボ。検体の準備には0.01mg単位での土壌の秤量と試薬の注液が必要であり、専門職員の作業効率を高めるためにもプロセスの自動化が喫緊の課題となっていました。

製品・サービスの特徴

当社の半自動型土壌分析前処理装置に抽出ラックおよびプラグラックのセット口を4段設けることで、一度に160検体まで処理可能としました。タイマー機能を併用することで、始業時に合わせて秤量・注液工程を完了させることができます。装置自体もコンパクトにまとめており、スペースの制約があるラボ内での使い勝手を高めています。また操作面ではタッチパネルを採用し、わかりやすいインターフェースを用意しています。
抽出ラック、プラグラック、試料ラックをセット。秤量・注液の一連の作業を自動で行います。
繁忙期の作業に対応できるよう、ラックを4段積みに。1日分の準備を自動完了します。
操作盤には感圧式のタッチパネルを採用。手袋をしたままでも簡単に操作できます。
オプションでオリジナル振とう機もご用意しました。ラックごとセットできるため、簡便かつ検体の移し替えミスを防ぎます。